有村ヒツジ@愛知/三河のフリーライター

はじめまして!
愛知県の西三河地方に住んでいる、アラサーのフリーライターです
( ✌︎'ω')✌︎

記事一覧(26)

名古屋工業大学 アントプレナー育成塾「吉田塾Vol.2」イベントレポート | Nagoya Startup News

8月9日、名古屋工業大学で、アントプレナー育成塾「吉田塾Vol.2」が開催されました。今回は、株式会社Gunosyの創業者であり、現在は取締役 ファウンダーである福島 良典氏をゲストに、東京のスタートアップ最新情報や起業エピソードが語られました。本記事では、その様子をお届けします。 吉田塾とは 「起業」という感覚に馴染みの薄い名古屋工業大学生に向けて、"東京のスタートアップカルチャーの風を吹かせてほしい"という学生たちの願いから生まれたイベント。全面協力するのは、DELISH KITCHENを運営する株式会社エブリーの創業者である、起業家の吉田 大成氏です。 登壇者プロフィール|福島 良典氏 愛知県出身、東京大学大学院工学科研究系修了。大学院在学中に「Gunosy(グノシー)」のサービスを開発し、2011年11月に株式会社Gunosyを創業、代表取締役に就任。2013年11月より、同社の代表取締役最高責任者に就任。2018年8月、株式会社GunosyとAnypay株式会社が株式会社LayerXを設立し、代表取締役社長に就任。同社において、ブロックチェーン領域の事業を開始予定。 Gunosyが目指す未来とは? 前半では、福島氏によるGunosyの事業紹介が行われ、今後の展開についても語られました。 福島:愛知県出身で、高校までは名古屋で過ごしていました。同級生が名工大に行ったりもしていて。大学からは東京です。もともと、情報を扱うことがすごく好きで、自然と情報系の学問を学ぶ道へと進みました。 福島氏は、大学院生であった2011年に、同級生と3人でニュースアプリ「グノシー」の原型となるサービスを作りました。当初は起業の予定もなかったそうです。卒業を目前にサービスは成長。趣味でやるか、会社としてやっていくべきかと悩んでいたとき、出資者が現れて起業へ。 福島:最初は趣味だったけれど、たくさんのユーザーがついていました。世の中に必要とされているものを作れたので、大きくしたいと思ったんです。就活もしていたけれど、就職して趣味で続けていたら、きっとサービスが腐っていくだろうと。 そんな福島氏は、「迷ったときは死ぬときのことを考えてみる」そうです。 福島:趣味でやるか、本気でやるか。後悔しない方はどちらかと考えて、フィーリングで決めて創業しました。

名古屋大学発・物流AIベンチャーのオプティマインドが、ティアフォー、寺田倉庫などから数億円の資金調達を実施 | Nagoya Startup News

株式会社オプティマインド(本社:名古屋市中村区)が、2018年5月に、株式会社ティアフォー(本社:名古屋市中村区)、寺田倉庫(本社:東京都品川区)を引受先とした第三者割当増資により、資金調達を実施したことを発表しました。 世界トップクラスの研究実績とアルゴリズムを有するオプティマインド 名古屋大学発の物流AIべンチャーである、オプティマインド。SaaSモデルによるAI最適配車クラウドサービス「Loogia」(ルージア)の開発・提供、計算エンジンのAPI連携、R&D事業を行っています。組合せ最適化技術を活用した物流配送最適化の分野では、世界トップクラスの研究実績とアルゴリズムを有しています。 2018年2月に行われた、日本郵便初のオープンイノベーションプログラム『POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM』のDemo Dayでは、最優秀賞を受賞。現在は、より具体的な実証実験を行い、実現に向けた取り組みを進めています。 ティアフォーと寺田倉庫からの増資で、開発・事業化を加速 今回、オプティマインドに出資したのは、ティアフォーと寺田倉庫。ティアフォーは、オープンソースの自動運転ソフトウェア『Autoware (オートウェア)』を開発し、国内外の自動車関連企業やベンチャー企業に技術を提供。2017年12月には、日本で初めて一般公道における遠隔制御型自動運転システムの実験を実施し、レベル4 (無人運転) の自動運転に成功しています。 ▼合わせて読みたい 寺田倉庫は、ワインやアートの保存保管業を基幹事業としながらも、倉庫会社の枠を超えた新規事業『minikura』(クラウド収納サービス)を展開しています。同サービスの機能をAPI化し、他業種と連携することで、30サービス以上の立ち上げや支援を実施。また、エアークロゼット社やサマリー社など、6社のスタートアップ企業への出資実績もあります。 オプティマインドは、今回の増資を経て、7月リリース予定の配送ルート最適化クラウドサービス「Loogia」の導入企業を増やし、開発と事業化のスピードを加速させると発表しています。